平成26年8月豪雨

概要

気象概況

19日夜、広島市中心部で19時30分頃から雷が鳴り始め、20時頃より雨が強くなった。22時までの1時間は41.5oの激しい雨が降っている。翌20日未明には、広島市北部を中心に猛烈な雨が降った。安佐北区の上原雨量観測局では3時までの1時間に92o、4時までの1時間には115oの猛烈な雨量を観測した。19日18時から20日5時までの累加雨量は287oを記録した。


観測局別雨量

観測局別雨量

被害状況

広島市内の各所で土石流,がけ崩れが発生し,犠牲者77名(うち災害関連死3名),負傷者68名,家屋全壊179棟,半壊217棟,一部損壊190棟,床上浸水1,086棟,床下浸水3,097棟という大きな被害を出した。


被害状況

被害状況 安佐南区八木3丁目

被害状況

被害状況 安佐北区可部町